公益財団法人 津久井督六記念財団

情報セキュリティについて information Security

個人情報保護方針

公益財団法人津久井督六記念財団(以下、「当財団」という)は、個人情報に関する法律を遵守し、個人情報の適切な取り扱いに努めます。

1. 個人情報の取得について

当財団は、個人情報について、適法かつ公正な手段によって取得します。

2. 個人情報の利用について

当財団は、奨学生の募集等、取得時に開示された目的の範囲内で、利用いたします。

3. 個人情報の安全管理について

当財団は、取り扱う個人情報の漏洩、滅失または毀損の防止、その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

4. 個人情報の委託について

当財団は、個人情報の取り扱いの全部または一部を第三者に委託する場合は、当該第三者について厳正な調査を行い、取り扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう、当該第三者に対する必要かつ適切な監督を行います。

5. 個人情報の第三者提供について

当財団は、個人情報保護法等の法令に定めのある場合を除き、個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく、第三者に提供いたしません。

6. 個人情報の開示・訂正等について

当財団は、ご本人から自己の個人情報についての開示請求がある場合、速やかに開示いたします。その際、ご本人であることが確認できない場合には、開示に応じません。
個人情報の内容に誤りがあり、ご本人からの訂正・追加・削除の請求がある場合、調査の上、速やかにこれらの請求に対応いたします。その際、ご本人であることが確認できない場合には、これらの請求に応じません。
当財団の個人情報の取り扱いにつきまして、上記の請求・お問い合わせ等がございましたら、下記までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

情報セキュリティ基本方針

公益財団法人津久井督六記念財団(以下、「当財団」という)は、当財団が携わる電子情報システムおよび電子情報資産を事故、災害、犯罪などの脅威から守るために、この情報セキュリティ方針を定めます。

  1. 当財団は、適切な人的・組織的・技術的諸施策を講じ、情報資産に対する不正な侵入、漏洩、改ざん、紛失、破壊、利用妨害などが発生しないよう、充分な備えに努めます。
  2. 当財団は、万一情報資産にセキュリティ上の問題が発生しても、その原因を迅速に究明し、その被害を最小限にとどめるよう努めます。
  3. 当財団は、職員に対し、情報セキュリティ基本方針について必要な教育を行います。
  4. 当財団は、以上の活動を継続的に実施し、かつ新たな脅威にも対応できるよう、情報セキュリティ管理体制を確立、改善していきます。
  5. 当財団は、電子情報システムおよび電子情報資産の安全性確保については最大限の努力、配慮を行います。